美白マッサージのポイント

くすみ肌にはマッサージ

肌のくすみにはいくつかの原因が考えられますが、血液やリンパの循環が悪くなることが主な原因と考えられます。

ストレスによる睡眠不足や疲れ、冷え性などで血行やリンパの流れが悪くなり、その結果として顔色が悪く見えたり、透明感がなくなってしまい、代謝が低下してメラニンの排出がスムーズにいかなくなったりします。

代謝が悪くなることや、加齢、乾燥等により、肌のターンオーバーが正常に行われないと、肌の角質が排出されずに残ってしまい、それが肌のくすみのように見えてしまうのです。

くすみを改善するためには、血行やリンパの流れをよくして、肌の代謝も正常に行えるようなマッサージが効果的です。

マッサージの際、パック等を取り入れたり、マッサージをしてなじませる美容液が、特におすすめです。

美白成分がプラスされたものであれば、より効果が高く、同時に2つのケアができるので、面倒くさがり屋さんでも続けられます。

マッサージは、1~3分程度、指を軽く滑らすように動かすのがポイントです。

こすったりすると、肌を痛めてしまったり、しみやシワ、肌荒れを起こす原因になりますので、注意が必要です。

血流をよくして、くすみ肌を明るく澄んだ肌に変えましょう。

マッサージで明るい肌色に!

肌のくすみや代謝の低下を防ぐのに効果的なマッサージ。

気温が低い季節・空気が乾燥する季節は顔の血行も滞りがちになります。

そんな季節は特に、美容液やクリームなどを取り入れて、1~3分間でも効果が得られるような簡単なマッサージでも構わないので、血行を促進しましょう。

指先に力を入れすぎてしまって、肌を引っ張ったり擦ったりするのは、肌にダメージを与えてしまいますので、指の動かし方や力の入れ具合に気をつけてマッサージしましょう。

肌が疲れていたり、乾燥している時は、肌にのばしてマッサージできるパックを、脂性肌ならスクラブ配合のマッサージクリームなどを使ってみましょう。

蒸しタオルなどで肌を温めてからマッサージすると、より効果的です。


このページの先頭へ