美白に効果のある食事

美白のためには、体の内側から効くバランスのよい食事が欠かせません。

毎日の食事によって、美白に効果的な栄養素をバランスよく摂っていれば、肌は透明感のある、いいコンディションをキープできます。

美白に効果的なのは、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、カルシウムです。

これ以外には、代謝を高めるビタミンA(β-カロチン)、肌をつくるたんぱく質も効果が高いです。

これらの栄養素を1日で摂ろうとすると、長続きしないので、1週間単位でバランスよく摂ることが大切です。

また、サプリメントを栄養バランスを保つ補助食品としてうまく活用のもよいでしょう。

ただし、サプリメントを摂っているからといって過信してはいけません。

種類によっては、その成分を体内に長時間とどめておくことができないものもあり、まとめて摂取した場合、吸収する前に体外へ排出されてしまうものもあるからです。

したがって、できるだけ1日3回の食事の中でバランスよくコツコツと摂取できるよう心掛けることが大切なのです。


▼ビタミンC

美肌と美白に欠かせないのがこのビタミンCです。
色素の沈着を防ぐだけでなく、コラーゲンの生成を促して細胞の酸化も防ぎます。
ほとんどの野菜や果物に含まれていますが、熱に弱いので、調理の際は注意が必要です。
ほうれん草などの緑黄色野菜、イチゴやキウイなどの果物などに含まれています。


▼ビタミンE

ビタミンEは、血行をよくし、細胞の酸化を防いで、代謝を活性化させる働きがあります。
ごま、アーモンド、かぼちゃ、オリーブオイルなどに含まれています。


▼ビタミンB群

ビタミンB群は、代謝を高めて、肌荒れやむくみを防ぐ働きがあります。
にんにく、ヨーグルト、豚肉、のり、ごまなどに含まれています。


▼カルシウム

カルシウムは、肌の抵抗力を高めて、炎症を起こしにくくするという働きがあります。
豆腐、納豆、海草類、小魚、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどに含まれています。
中でも牛乳などの乳製品のカルシウムは、吸収率が高く、おすすめです。


▼たんぱく質

たんぱく質は、皮膚、筋肉、骨、血液、ツメ、髪などを形成しています。
20種類のアミノ酸から成り、それぞれが様々なパターンで結びついてできています。
卵、肉、魚、大豆製品、乳製品などに多く含まれています。


しかしながら、卵だけたくさん食べるという方法ではなく、偏りなく、様々な食品から接種するのがよいでしょう。


このページの先頭へ