美白ケアに使える乳液・クリーム・美容液・パック

美白をつくる乳液・クリーム

乳液は主に化粧水で水分補給をし、整えた肌に対して、水分とその後に使用するクリーム等の油分の両方をバランスよくお肌に与えてくれる役割を果たし、クリームは、肌の表面に保護膜をつくって、化粧水で与えたうるおいをキープしてくれる役割を果たしてくれます。

化粧水は使うけれど、乳液とクリームを使わないという人もいますが、美白肌を目指している人は特に、時間帯や効果を意識しながら毎日のスキンケアに取り入れてみましょう。

また、1日の始まりである朝は、紫外線を防ぐ効果の高い乳液やクリームを取り入れ、夜は、肌の受けた一日分のダメージに注目つつ、自分の好みや肌の状態や肌質に合ったものを選び、乳液とクリームを組み合わせて使いましょう。

美白をつくる美容液・パック

美白ケアのメインと言ってもいいのが美容液です。

スキンケアの方法としては、「化粧水 → 美容液 → 乳液 → クリーム」の順に使用するものが多いのですが、それは、美容液が水溶性であることが理由の1つとして挙げられます。

いろんな化粧品メーカーが、最新の研究の成果を注ぎ込んでいますので、美白成分がふんだんに配合されています。

毎日のケアに、美白成分のたっぷり入った美容液を使えば、きっと確かな美白効果が得られます。

しかし、どんなに効果の高い化粧水・美容液を使っても、お肌が乾燥してしまうとせっかくの効果も期待できません。

美容液を使用した後は、乳液やクリームを使用し、美白効果のある成分をお肌に閉じ込めておくことを忘れずに。

パックは、洗顔では落としきれない汚れを落として、肌の奥まで美白成分を届けてくれたり、スキンケアの一番最後に使用して、基礎のお手入れで使用した美白成分・保湿成分などを閉じ込める役割を果たすアイテムです。

1週間に1~2度続けると、代謝リズムを整えてくれます。

肌の違いが実感できるパックは、ぜひ美白ケアに取り入れておきたい化粧品です。


このページの先頭へ