美白化粧品のチョイス(乾燥肌・敏感肌)

乾燥肌の美白化粧品の選び方

乾燥肌とは、必要以上に水分が蒸発してしまい、潤いが不足している状態をいいます。

乾燥肌の人は、水分が必要以上に蒸発するのを防ぐ為に、保湿効果の高い基本化粧品選ぶと良いでしょう。

これと同時に、乾燥肌は、バリアの役割を果たす皮脂膜が薄い肌質なので、角質を取りすぎないこともポイントとしてあげられます。

角質を取りすぎてしまうと、乾燥や炎症を引き起こしてしまうこともあります。

こんな乾燥肌に合う美白化粧品は、AHA系の美白成分が配合されていないタイプをおすすめします。

また、コットンを使う角質ケアローションやスクラブは刺激を与えるので、注意が必要です。

敏感肌の美白化粧品の選び方

水分が蒸発してしまい、乾燥してしまった敏感状態の肌は、角質層が荒れて、肌表面のバリアが薄くなっているので、様々な刺激が皮膚の奥まで伝わってしまいます。

肌が赤くなったり、かゆくなったりする敏感肌の人は、できるだけアルコール分・着色料・香料・防腐剤などを使用していないものを選ぶようにして、刺激の少ない基本化粧品でケアをしましょう。

敏感肌にはうるおいをたっぷりと与えて、肌表面の皮脂膜を回復させ、バリアの役割を果たす層を正常な状態に整えてあげることがポイントです。

美白化粧品は、肌が落ち着いている時に、刺激の少ない美容液をプラスする程度に使ってください。

はがすパックや、AHA系の成分、スクラブや角質ケア製品は、使用を控えるようにしたほうが安心です。

敏感肌の美白ケア

敏感肌は、紫外線など様々な刺激で炎症を起こしやすく、色素も沈着しやすいという特徴があります。

だから、ニキビのあとがしみのように残ってしまうことがあります。

敏感肌の人は、まずはきちんと保湿ケアしてあげることが大切です。

自分に合った基礎化粧品を選び、しっかりと潤いをキープしましょう。

また、基本のケアも大切ですが、紫外線もきちんとカットするように心がけてください。

日焼け後やニキビの時にも使える、マイルドな使用感の美容液かクリームを選んでください。

また、敏感肌の人で、症状のひどい人は、パッチテストを受けてみることもおすすめします。

敏感肌の美白ケアは、肌が落ち着いている状態の時に、刺激の少ないな美白化粧品を1つプラスする程度が安心です。


このページの先頭へ