美白化粧品のチョイス(脂性肌・混合肌)

脂性肌の人の保湿化粧品の選び方

ひとことで脂性といっても、その症状には様々な脂性の度合いがあり、全体的に油っぽいという人もいれば、部分的に油っぽいというような人もいます。

脂性肌の人の主なお肌のトラブルとしては、肌のべたつきやにきびがあげられます。

トラブルを防ぐために大切なのは、なんといっても洗顔です。正しい洗顔でお肌を清潔な状態に保ってあげると共に、洗顔後は保湿化粧品でケアしてあげましょう。

脂性肌の人は、使用感のさっぱりとした化粧品を選ぶことで、知らず知らずのうちにアルコール分の多い化粧品を選んでしまいがちですが、アルコール分の多い化粧品は、過剰なアルコール分は角質の剥がれを促進してしまい、せっかくの保湿成分を奪ってしまうことになりかねないので、注意が必要です。

自分の肌質にあった化粧品を選び、なるべくお肌に潤いを保ってあげることが大切です。

また、ビタミンC、そしてフルーツ酸のエクスフォリエーション(角質剥離)効果がべたつきやにきびの改善に効果があります。

化粧品は、単品で使用するよりも、ビタミンCならビタミンC、フルーツ酸ならフルーツ酸のものをいくつか組み合わせて使うと、成分の濃度が高くなり、効果も出やすくなります。

ただ、ビタミンCもフルーツ酸も“酸”なので、肌がピリピリしたり、赤くなったりしたら、角質まではがれてしまった可能性が高いので、使用を控えてください。

ビタミンCやフルーツ酸が入った化粧品で活性酸素を消して、皮脂のべたつきを抑え、マットでサラサラな肌を目指しましょう。

混合肌の人の保湿化粧品の選び方

混合肌の人はTゾーンはべたつき、Uゾーンはカサカサするという人が多いようです。

その度合いは人によってさまざまですが、TゾーンとUゾーンの差が激しすぎるのも困りものです。

部分的に症状に合った化粧品を選んで使用する方法もありますが、その場合は化粧品の選択も難しく、なにより、お手入れが大変になり、毎日のケアに取り入れていくには根気が必要で、大変な努力が要ります。

そういう時は、脂性肌と乾燥肌、どちらの肌質が自分にとって深刻なのかを基準にして選んでみてはどうでしょうか。

スキンケアを組み合わせて何種類も行うよりは、洗顔方法を工夫したり、乳液の量を加減するなどしたほうが、症状は緩和されるはずです。


このページの先頭へ