美白肌のための洗顔と美白に使える化粧水

美白肌の基礎をつくる洗顔

化粧品の成分を受け入れやすい肌に整えるためには、朝と夜におこなうスキンケアで、メイクや皮脂、角質などの汚れを落とすことが欠かせません。

その際、洗顔時の汚れを残さないことと、肌を荒らさないことが大切なポイントです。

そのためには、肌の状態や肌質・メイクに合わせて、洗浄力の高いものとマイルドな石けんや洗顔フォームを選び、使い分けることが大切です。

美白をつくる化粧水

化粧水は、洗顔でていねいに汚れを落とした後、お肌にに水分を補給し、保湿成分を補給してくれる大切な存在です。

使い方はさまざまありますが、一番のおすすめは、手のひらで直接つけるのではなく、コットンにたっぷりの化粧水を含ませ、丁寧に軽くたたくようにして使う方法です。

この方法で使用したほうが、より肌に浸透させることができます。

ただし、化粧水を含んだコットンでお肌をこすってしまうのは、お肌を痛めてしまうのでNGです。

美白成分が保湿成分とともに配合されている化粧水が、美白ケアに使えます。

美白成分とは、肌を白くする効果のある成分ではなく、メラニンの生成を抑える効果がある成分のことを指します。

さらに、AHA系の成分が入っている化粧水は、角質をはがれやすくし、抗フリーラジカル成分が入っているものは、抗酸化の作用があります。

化粧水は、お肌を整える役割と美白効果のある肌質に合った化粧水を選んで、毎日のスキンケアに取り入れましょう。


このページの先頭へ