効果の出ない美白ケアの原因

美白ケアを心がけているにも関わらず、効果が現れなかったり、しみやくすみに悩んでいる人は、もしかすると次のどれかが原因となっているかもしれません。

せっかくの美白ケアも、他の要因によって妨げられ、美白効果が思うようにあがらないこともあるのです。

もし、思い当たる要因があれば、早速改善してみましょう!


◎要因1 紫外線

つい油断してしまい、短時間だからといって、素肌のまま外出してしまっていませんか?

自分で考えているよりも、意外と長い時間紫外線を浴び、ダメージとなってしまっているかもしれません。

こまめなUVケアが美白につながります。


◎要因2 物理的な刺激

洗顔時に手やでこすっていませんか?

また、洗顔後もタオルでゴシゴシとこすっていませんか?

お肌をこすりすぎると、お肌の組織を壊してしまったり、炎症が起こって色素が沈着してしまうこともあります。

お顔を洗うときは、しっかりと洗顔料を泡立て、ソフトに力を入れずに、汚れを浮き立たせた後、洗い残しのないようしっかり洗い流しましょう。

また、タオルで拭き取るときは、軽く抑えるようにしてふき取ってください。


◎要因3 ストレス

忙しかったり、睡眠時間が短かったりして、イライラしていませんか?

精神的・身体的なダメージや原因で、ホルモンバランスが乱れたり、血行が悪くなったりします。

適度なリフレッシュ方法を取り入れるよう心がけたり、丁寧なスキンケアやお風呂などで血行をよくしてあげて、心と肌の疲れをとりましょう。


◎要因4 バランスの悪い食事

時間がないから。。。といって、食事を抜いたり、簡単に済ませてしまっていませんか?

やっぱり食事はお肌にとっても大切なもの。

どんな食事を摂るかによって、肌の質が変わってきます。

サプリメントの力も借りながら、たんぱく質・ビタミン・ミネラルをたっぷりとりましょう。


◎要因5 ホルモンバランスの変化

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌バランスが変わると、色素が沈着しやすくなります。

生理の前後や妊娠した時は、注意が必要です。

UVケアをしっかりとしましょう。


◎要因6 血流が悪い

運動不足の人や、シャワーだけで済ませている人は、血行が悪くなりがちです。

血行が悪くなると、代謝の低下や肌のくすみを招きます。

忙しくて時間がない人も、ストレッチやお風呂などで血行をよくして、血液の循環をよくしてあげましょう。


このページの先頭へ