シミ・くすみとメラニン

メラニンができる仕組み

肌は、「表皮層」と「真皮層」に分かれていますが、表皮層は外部からの刺激に対し、お肌を守るバリアの役割も果たしています。表皮層は一般的には28日周期で生まれ変わるといわれています。

真皮層はそれより下の層にある組織を守る役割を担っていると共に、お肌を形成する中心的な役割を担っており、真皮層での水分が十分に保たれていることや細胞が活発に活動していることがハリや弾力のもとになっているのです。

紫外線やストレスなど、様々な刺激を受けると、メラノサイトの動きが活発になり、表皮層の最下層に並んでいる、メラニンをつくるメラノサイトという色素細胞が、メラニンが大量につくり出します。

メラニンは、少しずつ表皮細胞へ受け渡されていき、角質層まで押し上げられ、そして最後に、垢となってはがれ落ちていきます。

この間に、黒や褐色だったメラニンの色は少しずつ薄くなり、表皮層に分類される角質層へ押し上げられるころには、無色になっています。

紫外線を浴びてすぐに肌が黒くなるのは、この無色のメラニンが酸化したためです。

シミ・くすみとメラニン

メラニンは本来、ターンオーバーとともに出ていくしくみになっているにも関わらず、シミやくすみができてしまうのはなぜなのでしょうか?

その要因は下記の2つに絞られます。

◎要因1 ターンオーバーの乱れ

紫外線の浴びすぎや間違ったスキンケアなどによって代謝のリズムが乱れてしまうと、メラニンの排出がうまくいかず、お肌に長く留まってしまいます。

◎要因2 メラノサイトの活性化

様々な影響を受けた結果、お肌を守るために、メラノサイトは大量のメラニンをつくり続けてしまいます。

その原因は主に、次の通りです。

(1)紫外線
(2)日焼けやかぶれ
(3)ホルモンバランスの乱れ
(4)ストレス
(5)皮膚への摩擦

日焼けした健康的な肌はとても魅力的ですが、お手入れを怠ったり、お肌のストレスをためてしまうと取り返しがつかなくなってしまうこともあります。

正しい知識を身につけ、日ごろから美白について考えたり、ちょっとした気遣いを行うだけでも、美肌を保つことにつながります。


このページの先頭へ