美白と紫外線

美白と紫外線対策

美白や美肌を損なうシミやそばかすができてしまう一番の原因は紫外線を浴びてしまうことです。

紫外線を浴びてしまうと、肌は体内への侵入を防ごうとしてメラニンを大量に生成してしまいます。

表皮の新陳代謝が正常で活発に行われている人は、シミとして定着せずにアカとして対外に排出することができますが、加齢等によりターンオーバーに乱れが生じるとメラニンが定着してしまい、シミとして残ってしまうのです。

また、シミだけではなく、肌の乾燥やしわ、たるみといった老化を招くことにもつながります。

美白のためには、紫外線で肌が黒くなるのを防ぐことが大切です。


美白とシミ

紫外線を浴びると体の防御反応として、メラニンが生成されます。

メラニンはターンオーバーにより肌の表面に出てきてはがれるので、肌は新しく生まれ変わることができますが紫外線の浴びすぎや、浴び続けることが、シミができる原因につながります。


しわ・たるみ

しわ・たるみができてしまう最も有力な外的要因には、紫外線があげられます。

肌内部の働きを低下させてしまう効果と乾燥とが、肌のハリや弾力を失わせた結果、しわやたるみができてしまいます。

小じわ程度であれば、肌に潤いを与えるお手入れで修復も可能ですが、程度が進むと消すことが難しいので、注意が必要です。


乾燥・ニキビ

紫外線は、肌の水分を奪って乾燥させます。

皮脂の酸化が主な原因で、肌が乾燥すると同時に、ニキビもできやすくなります。


このページの先頭へ