もやっとしたシミへの対策

頬や眉の上こめかみのあたりに、色の薄いもやっとしたシミができることもあります。

このようなシミは医学的には肝斑(かんぱん)と呼ばれており、頬やこめかみなどに左右対称にできることが多いようです。

女性ホルモンに関係しているとも考えられており、ピルの服用や妊娠などにより生じ、出産後は薄くなるといったこともあります。

このシミをそのままにして紫外線を浴びてしまうと、ほかの原因により生じるシミと同様、よりはっきりと現れるようになってしまうので、注意が必要です。

また、肝斑はそれ以外にも肌をこすったりして刺激を与えても、シミが濃くなるので、気をつけなければなりません。

この肝斑に効果的なのが、高い抗酸化作用で知られる「ブドウ種子のポリフェノール」が入ったサプリメントです。

紫外線やストレスなどで増えた活性酸素を抑えて、肝斑などのシミを薄くする働きがあります。

シミの原因となる肌の炎症を解消する美白化粧品と合わせて、紫外線A波を徹底してカットするサンスクリーンを使うと、とても効果的です。


このほかに、炎症対策のコスメとして、美白成分「m-トラネキサム酸」、「リノール酸S」、「ルシノール」、「マグノリグナン」、「グラブリジン」が配合された美白化粧品は、炎症を鎮めて肝斑への効果も高いので、しっかりと美白ケアできます。

ポリフェノールサプリメントと紫外線A波カットサンスクリーンで肌の炎症を抑え、炎症対策コスメで美白に仕上げ、もやっとしたシミを消しましょう。


このページの先頭へ